3月21日からワクチン接種済みの入国者「隔離免除」:韓国

韓国で来週の月曜日(21日)から海外入国者の7日隔離が免除される。免除されるワクチンは、シノファーム(北京)、シノバックなども含まれる。なお、パキスタン、ウズベキスタン、ウクライナ、ミャンマーなどは隔離免除国から除外する。

 中央災難(災害)安全対策本部のイ・ギイル第1統制官は11日、定例ブリーフィングで「3月21日の月曜日からすべての入国者に対して実施している7日間の隔離を、国内または海外で(ワクチン)接種を完了し、接種履歴を登録した方に対しては免除する」とし「4月1日、金曜日からは海外で接種したが、接種履歴を登録していない方々は隔離が免除される」と説明した。

 海外で予防接種を完了した場合もすでに国内で接種歴を登録し、検疫情報事前入力システム(Q-CODE)を通じて接種歴が確認された場合は、国内登録接種完了者として適用する。接種履歴が確認されていない国内未登録予防接種完了者の場合は、事前入力システムを通じて直接接種履歴を入力し、証明書を添付する方式で4月1日から隔離免除が可能となる。未接種者は現行通り隔離する。具体的には韓国人・長期滞在外国人は自主隔離、短期滞在外国人は施設隔離する。

 一方、入国時の予防接種歴の確認は3月21日から仁川空港到着の全路線に拡大運営する「事前入力システム」を活用して行う。国内接種者や海外で接種後に接種歴を登録済みの場合は、事前入力システムと連携したCOOVシステム(新型コロナウイルス予防接種証明システム)を通じて、該当情報が自動的に連携される。

 該当措置によって隔離が免除される対象者は世界保健機関(WHO)緊急承認ワクチン予防接種完了基準に従って、2次接種後(ヤンセン1回)14日が経って180日以内の人と3次接種者だ。ワクチン種類はファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、ヤンセン、ノババックス、シノファーム(北京)、シノバック、コビシールド、コバクシン、コボバックスなどの計10種類だ。

 ただし、海外流入国家別危険度と国内防疫負担の程度などを考慮し、危険度の高い国から入国する場合、予防接種完了者であっても隔離対象となる。パキスタン、ウズベキスタン、ウクライナ、ミャンマーの4か国は隔離免除除外国に指定し、予防接種の完了者も隔離する。これらの国は航空運航路線・便数の拡大、パスポート発給の拡大などに対する防疫措置は入国者増加に伴う防疫状況を考慮し段階的に緩和していく予定だ。

 入国後は防疫交通網(車や防疫タクシー、KTX専用車両)の利用も国内防疫状況による自治体の負担などを考慮して、4月1日から中止し、全ての入国者は公共交通を利用する。

 政府は「海外入国防疫緩和措置を実施する一方で、新種の懸念変異の発生を綿密に監視し、新たな変異の流入遮断が必要な場合、海外入国強化措置の迅速な再施行に向け、関係省庁と緊密に協議する計画」と明らかにした。