韓国養子縁組:領事館申請書類について

養子縁組(入養)申告手続き 


◆ 未成年者の国際入養(養子縁組)申告の場合(2013年7月から)

※養父母と養子のうち韓国国籍者がいる国際入養(養子縁組)の場合、必ず韓国家庭法院の入養許可が必要です!
日本の家庭裁判所は韓国家庭法院の役割を代行できません! 韓国家庭法院の許可を得ていない未成年者の国際養子縁組申告は受理不可!

【韓国領事館で養子縁組申告手続きの要件】
1. 2013年7月以前に日本の役場で養子縁組届出が受理された場合
2. 養子が成人であり、日本の役場で受理された場合(実の父母の同意が必要!)
3. 韓国の家族関係、婚姻関係、基本、入養関係証明書が添付できる
4. 日本書類の韓国語翻訳文

     
養子縁組の申告
区分 具備書類
養父母と養子が韓国人の場合 韓国の方式

 · 入養申告書
 · 養父母、養子、実の父母、養子の配偶者の身分証、印かん
 · 養父母の家族関係証明書と婚姻関係証明書 各1部
 · 養子の家族関係証明書、基本証明書、入養関係証明書等

日本の方式:
日本に先に届出

 · 入養申告書
 · 入養受理証明書原本+翻訳本
 · 養父母、養子、実の父母、養子の配偶者の身分証、印かん
 · 養父母の家族関係証明書と婚姻関係証明書 各1部
 ·養子の家族関係証明書、基本証明書、入養関係証明書等

養父母が日本人で養子が韓国人の場合

 · 入養申告書
 · 入養受理証明書原本+翻訳本
 · 養父母、養子、実の父母、養子の配偶者の身分証、印かん
 · 養父母の日本の戸籍謄本原本+翻訳本
 · 養子の家族関係証明書、基本証明書、入養関係証明書等

養父母が韓国人で養子が日本人の場合

 · 入養申告書
 · 入養受理証明書原本+翻訳本
 · 養父母、養子、実の父母、養子の配偶者の身分証、印かん
 · 養子の日本の戸籍謄本原本+翻訳本
 · 養父母の家族関係証明書、基本証明書等

離縁(破養)申告手続き


◆ 未成年者の国際離縁(破養)申告の場合(2013年7月から)

※養父母と養子のうち韓国国籍者がいる国際離縁(破養)の場合、必ず韓国家庭法院の破養判決が必要です!
日本の家庭裁判所は韓国家庭法院の役割を代行できません! 韓国家庭法院の判決を得ていない未成年者の国際離縁申告は受理不可!

    • 【韓国領事館で離縁申告手続きの要件】
    • 1. 2013年7月以前に日本の役場で離縁届出が受理された場合
    • 2. 養子が成人であり、日本の役場で受理された場合
    • 3. 韓国の家族関係、婚姻関係、基本、入養関係証明書が添付できる
    • 4. 日本書類の韓国語翻訳文

 

離縁の申告
区分 具備書類
養父母と養子が韓国人の場合

 · 破養申告書
 · 破養受理証明書原本+翻訳本
 · 養父母、養子、実の父母、養子の配偶者の身分証、印かん
 · 養父母の家族関係証明書と婚姻関係証明書 各1部
 · 養子の家族関係証明書、基本証明書、入養関係証明書

養父母が日本人で 
養子が韓国人の場合

 · 破養申告書
 · 破養受理証明書原本+翻訳本
 · 養父母、養子、実の父母、養子の配偶者の身分証、印かん
 · 養父母の日本の戸籍謄本原本+翻訳本
 · 養子の家族関係証明書、基本証明書、入養関係証明書

養父母が韓国人で
養子が日本人の場合

 · 破養申告書
 · 破養受理証明書原本+翻訳本
 · 養父母、養子、実の父母、養子の配偶者の身分証、印かん
 · 養子の日本の戸籍謄本原本+翻訳本
 · 養父母の家族関係証明書、基本証明書等